家づくり・建築主の仕事、設計事務所の仕事

設計事務所の仕事?住宅を設計し設計通り工事が行われるよう工事監理する事。
一言でいってしまえばその通りです。
しかし建築主との関係の中でどんな事をやるのか、どこまでが仕事の範囲なのか
また、建築主は何をすればよいのか、なかなか難しい事も出てきます。

設計事務所は設計のプロ、しかし何から何までやるわけではない

設計事務所は設計のプロ、専門的な知識をフルに使って
良い住宅が出来るよう努力をするのは当然です。
そして、住宅を実現するために必要な確認申請などの手続きも仕事の範囲です。
しかしあくまで設計契約の範囲、設計の仕事の範囲内のことです。
資金計画などはアドバイスは出来ても本業ではありませんし、
建築確認申請以外の様々な手続きは通常は別途費用がかかります。

また、大変多岐に渡る建築の設計ではその何から何まで専門的な知識を
持っているわけではありませんから、必要に応じて専門家に協力してもらいます。
一般的に良くあるのが、構造設計(構造計算)を専門の構造事務所に外注するケースです。
住宅の場合それ以外は自分の事務所内で処理することが多いですが、
設備の設計とか温熱性能の計算、あるいは確認申請などの手続きの外注も結構あります。

建築主はシロウト、しかし決めることは建築主しかできない

建築主は一般的には家づくりについてはシロウトです。
専門家に相談しながら家づくりを進める事になります。
しかし、それは何もしなくて良い、すべてお任せという事ではありません。
建築主としての大事な役割がたくさんあります。
それは、家づくりの進行の中で決めるべき事を決めてゆくという事です。
中でも一番大事なのはどんな家にしたいのか自身の希望を伝えることです。
これがなければどんなに優れた設計者でも、どこを目指せば良いのか分かりません。
専門家と相談することは必要ですが、あくまで決めるのは建築主自身です。
そしてその決定に責任を持つ必要もあります。

建築主と設計事務所は信頼関係が必要だし、互いに責任がある

つまり、両者の間に信頼関係がなければ良い住宅にならないですし、
また、互いに責任を持った行動も必要です。
一つ一つ打合せを積み重ねながら、非常に多岐に渡ることを決定してゆくわけですから
十分相談するとともに決めたことには互いに責任を持たなくては先に進みません。
設計者はプロだからと建築主に押しつけることがあってはいけないですし、
建築主はシロウトだからといって、あまえて自ら決めるべき事を決めなかったり、
責任を引き受けなかったりしては信頼関係を築けません。
やはり基本は人間関係なのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA