ソーラーウォール・太陽熱集熱パネル

南面上部の窓のような黒い部分がソーラーウォールです とりこんだ温風はダクトで床下にまわして蓄熱します。

シンプルな太陽熱集熱装置

ソーラーウォールは微細な穴が多数開いたアルミパネルです。太陽熱で熱せられたパネルの小孔を空気が通過すると、40度から60度ほどに暖められます。この暖かい空気を換気扇で室内に引き込むというとてもシンプルなシステムです。熱源は太陽ですからランニングコストは送風ファンだけ、経済的に暖房できます。写真の南面上部の窓のような黒い部分がソーラーウォールです。とりこんだ温風はダクトで床下にまわして蓄熱します。

・直射が得られない場合

エコハウスの太陽熱利用の基本は窓から入る直射熱ですが、都市型の住宅では立て込んでいて十分に日射が得られないことも少なくありません。また、共働きの家庭などでは昼間不在時はシャッターやカーテンを下ろすことも多いので、やはり十分な日照を得ることが難しくなります。そんな時高い位置のソーラーウォールなら容易に集熱できます。

・別荘など常住しない場合の換気兼用

別荘など常住しない場合も不在時は雨戸やシャッターを閉めますから、窓から集熱できません。そんな時あまり大きくなくてもソーラーウォールがあると冬場に不在時でも太陽熱で室内を温めることができ、さらに常に外気を取り入れているので換気もできますから、ほとんどエネルギーを使わずに、いつも室内を良い状態に保てます。送風ファンをソーラー発電パネルで回せばさらに完全です。

ソーラーウォールの働き

冬モード

下の図のように太陽の光で暖められた空気を吸気用の換気扇で室内に取り込み、いろいろなしくみで建物全体に行き渡らせ、蓄熱床に蓄えます

夏モード

夏の夜間は放射冷却でソーラーウォールが冷えるので、外気より2度ほど低い就寝時にちょうど良い冷風を、室内に取り入れる事が出来ます。

ソーラーウォール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA