雑司が谷ZEH2・こんな住宅です

ネット・ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)の実例としてご紹介している「雑司が谷ZEH」ですが、省エネのためのポイントは他の項目で詳しくご案内するとして、ここではまず、写真を中心に一体どんな住宅なのかを、さらっとご紹介したいと思います。(作品ページにもありますのでご覧ください)

建物の概要

豊島区の市街地に建つ4人家族のための木造3階建て住宅です。

敷地は約36坪、延べ床面積は約35坪、池袋の高層ビルも近く、周囲は3階建てが中心の結構建て込んだ地域です。準防火地域の3階建てなので木造ですが準耐火構造となっています。

金物を使った耐震工法であるSE構法により耐震性能は最高の「等級3」、
環境共創イニシアチブのZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)認定を取得しています。

仕上げと設備

仕上げは出来るだけ種類を減らしてシンプルに、自然素材中心です。室内は白い空間に、床材のしっかりした質感が引き立つように計画しました。設備はオール電化で5.25kwの太陽光発電を設置、空調は10畳用(2.8kw:床下)と8畳用(2.5kw:吹抜上)の2台の普通の壁掛け型エアコンのみ、給湯はエコキュートです。
・外部仕上:屋根・ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺き  外壁・ジョリパット左官仕上
・内部仕上:床・オーク無垢フローリング自然塗料塗り 一部ライムストーン
      壁、天井・珪藻土左官仕上および珪藻土塗料
・断熱:壁・内外ハイブリッド断熱(120mm+30mm)+通気層 屋根・200mm+遮熱通気層
・開口部:Low-eトリプルおよびペアガラス、アルミ樹脂複合サッシ+電動シャッター+断熱ブライン

平面計画

1階は玄関と水回りと寝室、外部ピロティーは駐車スペースです。
2階がLDKの一室空間で3階までの大きな吹抜があります。
3階は子供のスペースで半分は2階からの吹抜です。
小屋裏に大きな収納スペース、屋上デッキがあります。

3階建てですが親は1,2階だけで生活できます。
敷地の関係で非常に東西に細長いプランで、すべてのスペースが南面します。

玄関ポーチ

防火の規制がかからない玄関は木製で防犯ガラス入りです。
町並みに開いた植栽があり、シンボルツリーはデッキを突き抜け、2階から間近に見る事が出来ます。
広めのポーチは予備の駐車スペースになります。

2階LDK

2階は大きな一室空間で、半分が3階までの吹き抜けです。将来南に家が建ってもこの吹抜から十分な日照が得られます。リビング・ダイニングを中心に、オープンキッチンがあり、リビングの一角のスタディコーナーまでひと続きです。3階への階段もリビング空間と一体の軽快な螺旋階段で、3階の廊下も吹抜に開いてひとつながりの広々とした開放的な空間です。キッチンの奥のパントリーとトイレだけは閉じることが出来ます。

浴室・洗面室

浴室と洗面室は白いタイル貼りの一室空間です。洗濯スペースとリネン庫も付属しています。透明ガラスのスクリーンで仕切っており、窓の位置を工夫して光を採り入れ、バスコートの緑が楽しめます。

いろいろな外部空間

雑司が谷ZEHには変形敷地を逆用した様々な表情を持つ外部空間があります。リビングの前は緑に囲まれ日除けオーニングのある6畳ほどの広さのウッドデッキのアウトドアリビングです。寝室の奥にはコンクリート平板を市松状に敷いたシェードガーデン、浴室、洗面室の前は小さなバスコート、そしてポーチ脇は街並みに開かれた前庭です。

外観

外観は細長い箱形に規格サイズのシャッター付き引き違いサッシというきわめてシンプルな形ですが、木製ルーバーでゆるやかに敷地を囲み、植栽を施し街並みを形成するデザインを心掛けています。

 

以上、雑司が谷ZEHをサラッとご紹介しました。4人家族のシンプルな間取りですが、出来るだけ開放的で連続した空間とし、また外部とのつながりを大事にしていて、実際の面積以上に広々と感じられます。生活を包みこむ器として、暮らすほどに完成度が高まって行く、そんなデザインを目指しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA